広島デリヘル記

柔軟に希望にこたえてくれるデリヘル嬢

俺は基本的に女性を攻めていやらしい声を出せるのが好き。女性が激しく感じてビクビク感じ始めるころに、恥ずかしい言葉を耳元で囁いた時の反応が一番エロくてたまらない。何というか、いきなり理性が吹っ飛んで全身をガクガク震わせる女性の姿って本当にやばいと思うんだよね。アレって絶対に男よりもエロいと思うんだよ。広島 デリヘルなら感度がよさそうな風俗嬢って絶対にいると思うから、俺は自分好みの女性を広島の風俗で指名してみた。自分好みの女性とは、身長が高めでちょっと気が強そうに見える感じの女性。しかも、本当はドエムなのに強そうに見せている女性が最高だ。デリヘルから派遣されてきた風俗嬢に、俺は自分の好みのタイプを伝えた。すると、彼女はすぐに俺がしたいプレイを分かったらしく、なかなかいい感じのドエスキャラに変身した。しかし、俺が彼女を攻めるたびにドエムっぽい本性が表れてきて、その彼女の変化にめちゃめちゃ興奮した。俺は最後に彼女の顔面に精子をぶっかけて、最高に気持ちがいい一時を過ごした。

男性をいじめるのが好きな広島のデリヘル嬢

恋人は俺のことをすごく愛してくれていつも支えてくれている。エッチの時もたくさんご奉仕してくれるし、たぶん他の女性とかよりもフェラやテコキなどしてくれると思う。でも、俺はいじめられて感じるタイプなので彼女のプレイだけでは満足できないんだ。しかし、彼女は男がいじめられて感じるってことをありえないと言っていたし、それ以来自分の性癖を出せなくなってしまった。エッチをするんだったらうまく性癖を刺激してほしいため、俺はデリヘルで男性をいじめるのが好きな風俗嬢を指名した。家に来た女性は、初めから結構乱暴で部屋に入ってすぐに蹴り飛ばされた。そして、ベッドで四つん這いにされると尻を中心に何度もたたかれて、俺はかなり感じてしまった。広島デリヘルのホームページではそこまで過激なプレイはしないと書いてあったけど、彼女は俺の家にあった道具を使って叩き始めた。しかも、勃起したものを足で踏んでコネコネし始めた。彼女の足であっけなく射精してしまって情けなかったけど、やっぱり広島の風俗嬢ってすごくいいなと思った。